英語の発音・英語の歌! 間違った発音
英語の発音・英語の歌!
  • 英語・英会話・英語の歌の発音をもっと良くしたい!
    きれいにしたい! 矯正したい!
    そんな方のためのサイトです!

    カタカナでは決して表記できない英語の発音。日本語とは全然違う音のつながりのルール、全く異なる発声法、ユニークなイントネーション……。
    だからと言って、英語は日本人が発音できない言語ではありません! 多くの場合、ただ単に本当の音の出し方を知らないから、考えたこともないから…あまり英語に聞こえない発音やイントネーションになっているだけ。
    そんな英語の発音をちょっとでも簡単に習得するお手伝いをするのがこのサイト「英語の発音・英語の歌」の役割! 多くの方のガイドとなれるようコンテンツを充実させていきます。

    英語の発音を良くするための12の絶対法則

    どういうわけかあまり教えてもらえない、英語発音の超基本原則を無料でプレゼント中!

    英語らしい発声の方法や、英語のリズムの取り方、アクセントの付け方、英語の音をつくるための口の開け方…などなど、知ってると知らないとでは大違いの大原則を収録したブックレットです。
    PDFブックにて無料でプレゼント中!

間違った発音

1音節の子音連結単語を正しく発音する。英語の音の特徴ってコレ【BR・BL編】

お知らせ!

1音節で子音連結が入ってる単語シリーズ、BRやBLで始まる音のかたまり。コレができると英語の発音が大きく変わる。 そう、この子音連結シリーズ、実はなにげに英語の発音では重要だ。 このあたりが、日本語とは相当に違う部分なの ……続きを読む

1音節の子音連結単語を正しく発音する。これができると英語の発音が変わる。【DR編】

発音の基礎

そう、たぶんこれがかなりの鍵。子音がいっぱい入ってる一音節単語を上手く発音できると、英語発音の質が変わる。 たとえば、この単語、発音できるだろうか? drone あ、あの「ドローン」でしょ? と思ったあなた、それが正解だ ……続きを読む

「the」は絶対に「ザ」と発音してはいけない。それなら「ダ」と言った方が何百倍もいい!

歌!

英語にはとっても良く出てくる、「the」という単語。コレ、「ザ」って発音していませんか??? そう、この単語、なまじっか良く出てくるだけに、実際問題結構やっかいだ。 theをちゃんと発音できる人、手を挙げて! さてさて、 ……続きを読む

発音記号に騙されるな! eelとill、feelとfill、beatとbit、seatとsit、leadとlid、queenとQuinの違いなど

全記事

コレ、実は違いが明確になっていない人がとっても多いと感じる2つの音 そもそも発音記号が大変に紛らわしい。 たとえば、「eel」(うなぎの意味)という単語、 発音記号で書くと、「íːl」となる。 それで、「ill」(病気と ……続きを読む

たとえカタカナ英語だったとしても、リズムさえ良ければかなり行ける!

全記事

実はカタカナ英語の最大の難点は何だと思うだろうか? そう、この記事のタイトルにあるように、カタカナ英語の最大のウィークポイントはそのリズムにあるのだ。 よく言われるような、「L」と「R」の音の違いとか、 「TH」と「S」 ……続きを読む

どうやったら「腹から出るような太い声」を出せるのか?

全記事

「腹から出すような太い声」という表現。 コレ、本当に腹から出るわけじゃなくて、いわゆる比喩表現なのだけど、 この部分が、どういう訳か「腹式呼吸」という概念とシンクロしてしまって、 何かが混同されて、「腹式呼吸」をしっかり ……続きを読む

日本語の「オ」という音は英語にはない!?

アルファベット別発音解説

コレ、結構誤解しやすい音かもしれない。 日本語の「オ」、つまり、「あいうえお」の「オ」という音が実は英語にはない! と言うと、「えー???」と思う方も多いかもしれない。 でも、何を隠そう、本当にそうなのだから仕方ない。 ……続きを読む

ネイティブ英語スピーカーの訛り発音聞き取り能力が上がってる!?

全記事

コレ、実は最近ちょっと感じてることのひとつ。 たとえ、英語の発音がかなり訛ってたとしても、 (つまり発音が悪かったとしても…) 米国人とか英国人とかオーストラリア人とかの、ネイティブ・イングリッシュ・スピーカーからの理解 ……続きを読む

英語のリズムのつかみ方、その2、もっと音を伸ばそう!

全記事

そう、特に関東圏の日本語(つまりは標準語というヤツだ。)を話す人に顕著な特徴として、 音節ひとつ分の長さがいつも一緒。という傾向がある。 つまり、母音ひとつの長さがいつも一緒なのだ。 (つまり、長音の場合には母音ひとつの ……続きを読む

英語のリズムのつかみ方!

全記事

実際の英語力は結構あるのに、話すとなるとなかなか英語に聞こえない人が結構いる。 発音の問題と言うと、たいていは、音の精度(LとかRとかの発音ができているか、とか)の問題と思ってしまう人が多いかもしれないが、 いやいや、実 ……続きを読む

Awardが「アワード」、えーっ???

全記事

これね、割と最近、(ていうかここ3年くらい)ずっと気になってた。 あえて、この音「AWARD」をカタカナで表現しようとするとどうなるか? ①アワード? ②アウォード? 少なくとも絶対に①じゃない。 WARは「ワー」とは絶 ……続きを読む