英語の発音・英語の歌! 英語の発音上手になる考え方
英語の発音・英語の歌!

英語の発音上手になる考え方

英語の発音をラクにできるようにするための、口の筋肉、喉まわりの筋肉の鍛え方。

お知らせ!

そう、結局はトレーニング、ということになるのだと思う。 人間、トレーニングさえすれば、おそらくできないことなどほとんどない…、というのがある意味究極の真実なのだと思う。 英語の発音や、歌を歌うということに関しても、コレは ……続きを読む

たとえば、半年くらい時間をかけて英語の発音力を劇的に向上させる教材をつくりたい、と思っている。

お知らせ!

たとえば、歌の話になるのだけど、 男子の場合で言えば、(ピアノの鍵盤の真ん中のドよりひとつ上の)「ラ」とか「シ」という音は、 おそらくは普通の男子はなかなか出しづらい。(女子の場合にはそれより半音4つから5つくらい上のゾ ……続きを読む

ネイティブ英語スピーカーの訛り発音聞き取り能力が上がってる!?

全記事

コレ、実は最近ちょっと感じてることのひとつ。 たとえ、英語の発音がかなり訛ってたとしても、 (つまり発音が悪かったとしても…) 米国人とか英国人とかオーストラリア人とかの、ネイティブ・イングリッシュ・スピーカーからの理解 ……続きを読む

英語のリズムのつかみ方、その2、もっと音を伸ばそう!

全記事

そう、特に関東圏の日本語(つまりは標準語というヤツだ。)を話す人に顕著な特徴として、 音節ひとつ分の長さがいつも一緒。という傾向がある。 つまり、母音ひとつの長さがいつも一緒なのだ。 (つまり、長音の場合には母音ひとつの ……続きを読む

英語のリズムのつかみ方!

全記事

実際の英語力は結構あるのに、話すとなるとなかなか英語に聞こえない人が結構いる。 発音の問題と言うと、たいていは、音の精度(LとかRとかの発音ができているか、とか)の問題と思ってしまう人が多いかもしれないが、 いやいや、実 ……続きを読む

Awardが「アワード」、えーっ???

全記事

これね、割と最近、(ていうかここ3年くらい)ずっと気になってた。 あえて、この音「AWARD」をカタカナで表現しようとするとどうなるか? ①アワード? ②アウォード? 少なくとも絶対に①じゃない。 WARは「ワー」とは絶 ……続きを読む

メンタルとメカニカル、この2つが揃えば、英語はもっとカンタンになる!「S」と「TH」の音の違いとかは?

全記事

そして、これも結構有名な難所かもしれない、「S」と「TH」の音の違い。 たとえば、「Sink」と「Think」とか、「Sick」と「Thick」とか、「Sank」と「Thank」とか。 確かにこの区別がうまくできないで発 ……続きを読む

LとRの違いは誰でもわかる。嘘だと思ったら聞いてみて。

全記事

そう、昨日の記事でも書いた、「英語を他人のコトバと思うなかれ。」という話、実はコレかなりの重要事項だと思ってる。 たとえば、一般的に日本人が苦手とされる「L」の音と「R」の音の区別、これも本当はそんなに難しいことじゃない ……続きを読む

英語をどこか他人のコトバと思っていませんか? 「She」と「See」の区別のお話

全記事

そう、コレです、コレ。 およそ、ひと晩中考えて得た結論。 そう、昨日の記事で予告したように、今回の記事は「シー」と「See」の発音の違いについて書きたい!と思っているのだが、 コレ、実は結構な難関なようで、この発音の区別 ……続きを読む

「ロクサーヌ」 ♪ 英語の歌の発音を動画で解説

歌がうまくなりたい!

英語の歌の発音を良くする! Roxanne編 今回も歌の発音にフォーカスした解説です。 お題となるのは「Roxanne」。 1978に初リリースされた曲です。 とてもメロディアスかつ印象的なポリス(The Police) ……続きを読む