英語の発音・英語の歌! 発音の基礎
英語の発音・英語の歌!

発音の基礎

たとえカタカナ英語だったとしても、リズムさえ良ければかなり行ける!

全記事

実はカタカナ英語の最大の難点は何だと思うだろうか? そう、この記事のタイトルにあるように、カタカナ英語の最大のウィークポイントはそのリズムにあるのだ。 よく言われるような、「L」と「R」の音の違いとか、 「TH」と「S」 ……続きを読む

たとえば「literally」たとえば「Marlboro」発音できますか?

全記事

「literally」たとえば「Marlboro」他の例で言うと「Ralph Lauren」などと言うコトバ。 こいつらはある意味、意地悪としか思えないくらいの発音が難しいコトバかもしれない。 「L」と「R」が交互に出て ……続きを読む

意外に見落とされがちな英語の発音シリーズ「OU」の音

全記事

決して難しくはないが、見落とされがちな英語の音というのが実は存在する。 いや、普通にカタカナ風に言ったとしても、本来の音とはそれほど遠くならない音。 だけど、実際にはちょっと変えるだけで、かなり英語の本来の音に近づく音。 ……続きを読む

喉仏を下げると自信ありげな太い声、喉仏を上げると自信なさげな細い声になる。

全記事

そう、これが昨日アップした、「楽器としての人体図」なのだが、 昨日説明しきれなかった部分を解説してみたい。 図の中で「声帯」となっている部分、ここは実は上下に移動可能なのだ。 移動可能と言っても、ほんの1cmか2cmかく ……続きを読む

喉仏を下げると、なぜ腹から響くような太い声が出るのか?

喉仏を下げると、なぜ腹から響くような太い声が出るのか?
全記事

過去2日間でちょっとお話した、「喉仏を下げる」とどうなるか、という話。 その影響・効果を説明するための、ちょっとした図を描いたので、まずはご紹介。以下の図がそれだ。 まず断っておくが、これ、かなり簡易的に表現されたイメー ……続きを読む

見るだけで英語の発音が良くなるかもしれない…英語の発音・英語の歌の動画、今までの分を紹介します。

全記事

そう、このサイト「英語の発音・英語の歌」では、不定期に動画をアップしている。 もちろん、フォーカスは英語の発音の上達法や英語の歌がしっかり歌えるような発音方法の紹介だ。(以下のリンクから見られます。) https://w ……続きを読む

英語の発音をラクにできるようにするための、口の筋肉、喉まわりの筋肉の鍛え方。

お知らせ!

そう、結局はトレーニング、ということになるのだと思う。 人間、トレーニングさえすれば、おそらくできないことなどほとんどない…、というのがある意味究極の真実なのだと思う。 英語の発音や、歌を歌うということに関しても、コレは ……続きを読む

たとえば、半年くらい時間をかけて英語の発音力を劇的に向上させる教材をつくりたい、と思っている。

お知らせ!

たとえば、歌の話になるのだけど、 男子の場合で言えば、(ピアノの鍵盤の真ん中のドよりひとつ上の)「ラ」とか「シ」という音は、 おそらくは普通の男子はなかなか出しづらい。(女子の場合にはそれより半音4つから5つくらい上のゾ ……続きを読む

日本語の「オ」という音は英語にはない!?

アルファベット別発音解説

コレ、結構誤解しやすい音かもしれない。 日本語の「オ」、つまり、「あいうえお」の「オ」という音が実は英語にはない! と言うと、「えー???」と思う方も多いかもしれない。 でも、何を隠そう、本当にそうなのだから仕方ない。 ……続きを読む

英語のリズムのつかみ方、その2、もっと音を伸ばそう!

全記事

そう、特に関東圏の日本語(つまりは標準語というヤツだ。)を話す人に顕著な特徴として、 音節ひとつ分の長さがいつも一緒。という傾向がある。 つまり、母音ひとつの長さがいつも一緒なのだ。 (つまり、長音の場合には母音ひとつの ……続きを読む