英語の発音・英語の歌! 歌!
英語の発音・英語の歌!
  • 英語・英会話・英語の歌の発音をもっと良くしたい!
    きれいにしたい! 矯正したい!
    そんな方のためのサイトです!

    カタカナでは決して表記できない英語の発音。日本語とは全然違う音のつながりのルール、全く異なる発声法、ユニークなイントネーション……。
    だからと言って、英語は日本人が発音できない言語ではありません! 多くの場合、ただ単に本当の音の出し方を知らないから、考えたこともないから…あまり英語に聞こえない発音やイントネーションになっているだけ。
    そんな英語の発音をちょっとでも簡単に習得するお手伝いをするのがこのサイト「英語の発音・英語の歌」の役割! 多くの方のガイドとなれるようコンテンツを充実させていきます。

    英語の発音を良くするための12の絶対法則

    どういうわけかあまり教えてもらえない、英語発音の超基本原則を無料でプレゼント中!

    英語らしい発声の方法や、英語のリズムの取り方、アクセントの付け方、英語の音をつくるための口の開け方…などなど、知ってると知らないとでは大違いの大原則を収録したブックレットです。
    PDFブックにて無料でプレゼント中!

歌!

「the」は絶対に「ザ」と発音してはいけない。それなら「ダ」と言った方が何百倍もいい!

歌!

英語にはとっても良く出てくる、「the」という単語。コレ、「ザ」って発音していませんか??? そう、この単語、なまじっか良く出てくるだけに、実際問題結構やっかいだ。 theをちゃんと発音できる人、手を挙げて! さてさて、 ……続きを読む

考えてみれば英語は子音連結だらけ! 1音節単語でも子音がいっぱい! どう攻略するか?

全記事

前回の記事で取り上げた子音連結だが、コレ実は英語にはいっぱいいっぱい出てくる。 子音というのは母音とは違い、理論上は長さがない(!)ので、何個子音が重なっても、すごーく短く言わなければならないのだ。 (もちろん実際には長 ……続きを読む

英語と歌は口を大きく使おう!

全記事

そう、今日伝えたいことはこのこと。 口を大きく大きく使うことの有用性! 英語もそうだし、歌もそう。 口をタテに大きく開けたり、ちょっと横に大きく開いたり。 ちょっと口を突き出してみたり、口の中の容積を拡げてみたり…。 日 ……続きを読む

大きな声を出してみることの重要性!

全記事

多くの日本人が英語の歌を歌うときに一番不足しているもの、ってなんだろうか? もちろん、個人々々課題は違うし、レベルだって違う。 個性だってあるし、何が良いのか悪いのかの基準だって様々だと思う。 でも、あえてひとつだけ挙げ ……続きを読む

喉仏を下げると自信ありげな太い声、喉仏を上げると自信なさげな細い声になる。

全記事

そう、これが昨日アップした、「楽器としての人体図」なのだが、 昨日説明しきれなかった部分を解説してみたい。 図の中で「声帯」となっている部分、ここは実は上下に移動可能なのだ。 移動可能と言っても、ほんの1cmか2cmかく ……続きを読む

喉仏を下げると、なぜ腹から響くような太い声が出るのか?

喉仏を下げると、なぜ腹から響くような太い声が出るのか?
全記事

過去2日間でちょっとお話した、「喉仏を下げる」とどうなるか、という話。 その影響・効果を説明するための、ちょっとした図を描いたので、まずはご紹介。以下の図がそれだ。 まず断っておくが、これ、かなり簡易的に表現されたイメー ……続きを読む

共鳴ゾーンの容積を拡げて、太い声を出す方法。

全記事

昨日の記事では、喉仏を下げて、腹から出るような太い声を出す方法を書いた。 実は、“太い声”を出す方法はこれだけではない。 もうひとつの方法は、喉の奥の方を上の方に引っ張るというやり方もある。 コレは、特に高い声を出すとき ……続きを読む

どうやったら「腹から出るような太い声」を出せるのか?

全記事

「腹から出すような太い声」という表現。 コレ、本当に腹から出るわけじゃなくて、いわゆる比喩表現なのだけど、 この部分が、どういう訳か「腹式呼吸」という概念とシンクロしてしまって、 何かが混同されて、「腹式呼吸」をしっかり ……続きを読む

ネイティブ英語スピーカーの訛り発音聞き取り能力が上がってる!?

全記事

コレ、実は最近ちょっと感じてることのひとつ。 たとえ、英語の発音がかなり訛ってたとしても、 (つまり発音が悪かったとしても…) 米国人とか英国人とかオーストラリア人とかの、ネイティブ・イングリッシュ・スピーカーからの理解 ……続きを読む

On-and-on-and-on…をキレイに発音する! Don’t Stop Believin’の続編

全記事

簡単なフレーズこそ結構ムズカシイ……リエゾンと母音(強弱)のお話 前回の記事と動画で取り上げたJourneyの「Don’t Stop Believin’」という曲ですが、今回の記事でも同じ曲に出て ……続きを読む

Journeyの「Don’t Stop Believin’」を格好良く歌うための基礎知識!

全記事

母音がカタカナだと、やっぱり英語の歌には聞こえないなぁ… もはやクラシック・ロックの名曲とも思えるこの曲、「ドント・ストップ・ビリービング」(あえてカタカナ表記、失礼!)、やはりどう考えてもカタカナの音をアタマから追い出 ……続きを読む