英語の発音・英語の歌! 1音節の子音連結単語を正しく発音する。英語の音の特徴ってコレ【BR・BL編】
英語の発音・英語の歌!

1音節で子音連結が入ってる単語シリーズ、BRやBLで始まる音のかたまり。コレができると英語の発音が大きく変わる。

そう、この子音連結シリーズ、実はなにげに英語の発音では重要だ。
このあたりが、日本語とは相当に違う部分なので、この、英語の発音の特徴をうまくできると、あなたの英語の発音がワンラックアップすること請け合いだ。

たとえば、以下の単語、どう発音するだろうか?

「Brad」「Black」

あ~、惜しいゾそれ。
「br」の部分、子音連結になってないゾ!

そう、つまりはこういうことだ。
「BR」という部分、英語では単なる子音の連結なので、決して母音は入らないのだ。
だから、これは、子音の「B」と子音の「R」の組み合わせにしか過ぎないので、
音的には決して「Bura」あるいは「Bula」とはならないのだ。

だからこの「Brad」(ブラッド・ピットのブラッドの部分だ)は決して「Burad」とはならず、「Brad」となるというわけだ。
つまりは「BR」の部分がひとかたまりとなるという具合。(文字で書くと結構難しいが、コレ、動画で解説予定なので、それを見ればたぶん簡単に理解できる。)

以下の単語はどうだろうか?

「Blue」「Brew」

これは、実は母音の部分は全く同じ音なので、違いは「L」と「R」だけなのだが、
その子音連結の部分、「BL」と「BR」の部分がちゃんとできていないと、なにやら不思議な音になってしまう。

そう、だから「BL」という音との「BR」音の違いを理解していることはとても重要なのだ。

では、次は?

「Block」「Braught」

コレも子音連結を理解した上で、ちょっとだけ、ネイティブ感のある発声法をすると結構良い感じの発音になるハズ。

実はとっても簡単だ。
<コレに関しては、動画解説を加えてみようと思っている。>

それでは、また明後日、よろしく~~~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です