英語の発音・英語の歌! LとRを行ったり来たりする超高難易度の英単語で発音力を上げる!
英語の発音・英語の歌!

どの国の言語でもそうだが、発音するのが簡単な単語と難しい単語がある。

ちょっと前にも英語の早口言葉の記事を書いたが、
早口言葉まで行かなくても、英語には結構発音するのが難しい(と思われる)単語が実はわんさかある。
だが、最初っからできないと思っては、そもそも生きてる意味がないゾ。
まずはチャレンジすること。やってみることが大切だ。

今日はそんな超高難易度の単語を題材に、口と舌の筋トレに励んでみたい。

まずはたとえば、この単語、上手く発音できるだろうか?

relationship

基本的にRとLを行ったり来たりするような単語なので、まぁ舌が忙しい。

おっと、ここで、RとLの舌のポジションを確認してみよう。

Rの舌の位置

英語の「R」の音の舌の位置。まずは口を尖らしてから舌をまるめて、その舌を伸ばしていく音。

ラ行の舌の位置

英語の「L」の音の舌の位置。日本語のラ行よりも舌が歯にベタッとくっついていることに注意!

そう、上記の図にあるように、舌の動きだけを見ても、後ろにまるめたり、前に出したりとかなり忙しい。
さらに、特にRの音を発音するときには最初に口をすぼめて前に出すという動作が必要になるので、これもその忙しさに拍車をかける。
(このあたりは動画を参照ね。近々アップ予定。)

いずれにせよ、この2つの音を行ったり来たりするということは、結構な筋トレになることは間違いないので、どうかどうか、めげずに今日このページで紹介する単語を一生懸命発音して欲しい。
ま、言ってみれば、「口と舌の腕立て伏せ」みたいなものだ。最初はなかなか辛くでも、しばらくやり続けていると、きっとラクになる。そして英語の発音力もアップする。
ぜひともトライして欲しい。

他にもあるある、筋トレ系英単語。たとえば…

relative, relatively とか、(意味としては、親戚、比較的)

relax, relaxation, realize とか、(リラックス、リラックスすること、認識する)

reliable, religion, irrelevant, larynx などなど…。(信頼性がある、宗教、無関係、喉頭)

あるいは、コレ
Rolling Stones とかlyrics とか…。

実際にどんな音になるかは、動画を見てもらうとして、
まずは、「腕立て100回!」じゃないけど、
今日出た単語を全部100回ずつ発音!
これをやってもらいたい。
だから、絶対にためになるってば。
本当だって!

ではまた明後日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です