英語の発音・英語の歌! 考えてみれば英語は子音連結だらけ! 1音節単語でも子音がいっぱい! どう攻略するか?
英語の発音・英語の歌!

前回の記事で取り上げた子音連結だが、コレ実は英語にはいっぱいいっぱい出てくる。

子音というのは母音とは違い、理論上は長さがない(!)ので、何個子音が重なっても、すごーく短く言わなければならないのだ。
(もちろん実際には長さがないなどと言うことはないが、実際問題かなり短い。特に音楽の場合には子音の長さはカウントしないので、母音が1個の単語は子音がいくつおまけにくっついていても音符ひとつに乗せなければならない!)

歌に限らずだが、もしこの子音連結が上手く言えないと、決して英語のリズムにはならない(!)という、ある意味の“悲劇”が起きてしまうのだ。
どんなに「L」や「R」の発音が良くても、「æ」や「i」などの母音の音を正確に出せても…だ。

たとえば、以下の単語はどう発音するだろう?

straight

そう、「真っ直ぐに」などの意味のおなじみのこの単語、カタカナで書くと「ストレート」と書くから、そんな風に読んでしまっているそこのあなた?
本当にそれで良いのかい?

正解を言うと(これももちろん動画で解説予定!)、カタカナを5文字も費やしてしまうこの単語、やっぱり1音節の単語なのだ。
だからコレも音符1個分の長さで言わなければならないのだ。

確か、Stingの曲であったはず、こんな歌詞。

「straight to my heart」

コレ、リズムで言うと「チャン・チャンチャンチャン」と音符4つで歌わなければならないのだ。

子音連結は他にもいっぱいある。簡単な単語から難しい単語までいろいろいろいろある。

たとえば…

risk, task, twin, black, bring, climb, sky, blue, from, clap, cry, try, fly, fringe, great

ちなみに上記の単語は全部1音節単語だ。間違えて「bulack」なんて言ってないかい? それでは2音節になってしまうよ。

まだまだある…

expand, explain, clumsy, probably, whisky

これらは音節数は2個または3個だが、もちろん子音連結の部分は、子音グループを一緒くたにして発音しなければいけないゾ。
(ちなみに最後の「whisky」は日本人にはきっと簡単だ。なぜならその子音連結部分の「sk」は日本語にもある子音連結だから。たとえば「好き。」って言ってみて。地方にもよるかもしれないが、あなたはたぶん「suki」とは言ってないで「ski」と言ってるはず。sの後の母音のuはほとんど聞こえない。)

そう、ここまでやってみると、気づいた人もいるかもしれないが、子音連結された子音って、実は結構カタカナで発音する音の概念とはかなり違う。

そう、そう! リスニングに苦手意識のあるあなた、もしかしてこんなグシャッとした音が聞き取れてないんじゃないかい?

それを克服するとても良い方法がある。自分でその音を出せるようになれば良いのだ。
自分で出せる音はたいてい聞けるので、まずは口に出して練習してみよう。

Black black black!

そう、このフレーズが「タンタンタン」という音符3つのリズムで言えたら合格だ。

ではまた明後日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です