英語の発音・英語の歌! 英語発音の意外な落とし穴、子音連結。dreamがdoreamになっていないかい?
英語の発音・英語の歌!

たとえば、この単語、どう読むかな? もちろん英語の単語として発音する場合…。

「dream」

では、この単語は?

「split」

では、こんなのはどうだろう?

「catchphrase」

どう? 上手く発音できたかい?

そう、たとえば一番上の単語、「dream」、
一見すごく発音が簡単そうな気がするのだけど、
いやいや、実際のところ、意外にできてない人が多いみたい。

問題となるのは、この「dr」の部分。

ここに余計な母音が入っていないだろうか?
「dr」の部分に余計な母音「オ」が入ってしまって「dor」となってないだろうか?

そう、わかるわかる。カタカナで発音する場合には当然「ドリーム」となるから、その癖が抜けなくて、「dream」がついつい「DOream」となってしまいがちだ。

だが、そうなってしまったら、英語にはとても頻繁に出てくる「子音連結」がこなせていない!!!ということになってしまう。

上の「dream」の「dr」、「split」の「spl」の部分、「catchphrase」の「chphr」の部分、全部、子音がつながってるだけなので、決して母音が入ってはいけないのだ!

他にも、以下のような単語、全部子音連結が入ってる。

「plan」「break」「flight」「click」「shredder」「grow」「string」等々…。
全部かなり馴染みのある単語だと思う。でも結構曲者なのだ、もしかしたら。

コイツら、以下のように全部子音連結を含んでる。
plan」「break」「flight」「click」「shredder」「grow」「string」

こんな単語が上手く発音できると、実は相当に英語っぽい発音になるし、
それだけでなく、絶対にリスニングが良くなるゾ。

そう、こういった子音連結の音は、自分で同じ音を出せれば結構簡単に聞き取れるけれど、
自分でうまく出せないと、意味不明の破裂音に聞こえてしまって、なかなか単語として認識できない…という理由になってしまうよ。

だから、何げにかなり重要。

もちろん、この良い例、悪い例、克服法を動画で詳しく解説予定。
乞うご期待。

ではまた明後日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です