英語の発音・英語の歌! どうやったら「腹から出るような太い声」を出せるのか?
英語の発音・英語の歌!

「腹から出すような太い声」という表現。

コレ、本当に腹から出るわけじゃなくて、いわゆる比喩表現なのだけど、
この部分が、どういう訳か「腹式呼吸」という概念とシンクロしてしまって、
何かが混同されて、「腹式呼吸」をしっかりやれば、腹から出るような太い声が出る
と勘違いしている人が、実は結構いる気がする。

あらためてここで言うけれど、「腹式呼吸」と「腹から出すような太い声」は全然関係ないから。

ちゃんと考えればわかるのだけれど、「腹式呼吸」は空気の吸い方吐き方の話であって、
音の響きとは完全に無関係の概念。つまりはポンプの使い方の概念。

それに対して、「腹から出すような太い声」というのは、
音の共鳴の話なので、呼吸法とは全く無関係だ。

そのあたりを再確認してもらったところで、
その「腹から出すような太い声」はいかに出したら良いのか?
という話に戻る。

コレ、実はとても簡単なのだ。
腹から出すとか、呼吸法とかなんか一切考えなくて良い。

発声するときに、単純に「喉仏を下げて発声する」ということができれば、
「腹から出すような太い声」が出る。

嘘だと思ったらぜひともやってみて。
これも動画でデモンストレーション予定。

腹からなんか絶対に声出ないから。それができたら腹の前にマイク立ててる(笑)

音声が直接的に響くのは基本は声帯の上、
つまり喉から始まる頭のてっぺんまでのゾーンだから、単純化して話せば、
その部分の容積を大きくすれば、勝手に太い声が出るというお話。
(それ以外のゾーンは勝手に響いてくれるから、あまり考えなくても良い。)
もう、変な誤解はやめよう。腹式呼吸も響きとは全然関係ないから。

これはロックの歌唱法ではかなり重要な概念。
特に高い声で喉仏を下げられれば、太い高い声が出る。
動画は近日アップ予定!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です