英語の発音・英語の歌! たとえば、半年くらい時間をかけて英語の発音力を劇的に向上させる教材をつくりたい、と思っている。
英語の発音・英語の歌!

たとえば、歌の話になるのだけど、
男子の場合で言えば、(ピアノの鍵盤の真ん中のドよりひとつ上の)「ラ」とか「シ」という音は、
おそらくは普通の男子はなかなか出しづらい。(女子の場合にはそれより半音4つから5つくらい上のゾーンになる。)
というより、特別な練習なしでは出ないだろう。

もちろんファルセット(いわゆる裏声)では問題なく出せるだろうが、
それでは、音量とかアタックとかが足りなくて、なかなかロック系の音楽では使える音にはならない…というケースが多いと思う。

だけど、本当のことを言えば、このくらいの高さの音は、
時間さえかければ、ほとんどの男子には出せる音だ。

そのためには実はちょっとした、忍耐とトレーニングが必要で、
普通はあまり使わない口とか喉のまわりの筋肉とか、微妙な声帯の使い方とかが上手くならないと、
その高さの音をうまく出せなかったりする。

でも、コレって、やれば絶対にできるものだったりする。

ただ、焦ると絶対にうまく行かなくて、
ある程度時間の余裕を持って、必要な筋肉なり、総合的な動きの器用さとかを発達させないと
できないものだったりする。

だけどやればできる。
それがここでのポイント。

英語の発音も、実は同じような要素が結構あって、
英語の音を出すための筋肉とか、口とか喉の使い方とかっていうのがあって、
もちろん、これは人類であれば誰でも絶対にできるハズのものなのだけど、
それを普段やってない人にはトレーニングが必要だったりする。

そう、そういったことも含めて、
絶対に日本人に効く、英語の発音トレーニング教材!
というのをつくってみようと思っている。

もし今、あなたが英語の発音をあまり上手くできてないとしたら、
おそらく、ちょっとしたトレーニングが必要になるとは思う。

だけど、半年くらい時間をかければ、
英語独特の音を出すための筋力や口や喉の動かし方の準備は完了するはず。

日本語にない音を出すためのトレーニング教材。

焦らずじっくり英語の発音を上手になりたい人のための教材。

英語の歌がネイティブみたいな発音で歌えるようになりたい人のための教材。
それをつくろうと思っている。

いや、本当に本当に乞うご期待。
進行状況はまたご報告の予定!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です