英語の発音・英語の歌! 英語のリズムのつかみ方、その2、もっと音を伸ばそう!
英語の発音・英語の歌!

そう、特に関東圏の日本語(つまりは標準語というヤツだ。)を話す人に顕著な特徴として、
音節ひとつ分の長さがいつも一緒。という傾向がある。

つまり、母音ひとつの長さがいつも一緒なのだ。
(つまり、長音の場合には母音ひとつの長さの2倍の長さになる。)

たとえば、「糸」を発音するときには「イト」となり、母音2つ分の長さで発声される。
それに対して、「伊藤」と言いたい場合には「イトー」となり、「ト」が2倍の長さを持つ音となり、
母音計3個の長さ(正確に「イト」の1.5倍の長さ)で発声される。

もちろん、コレは決して悪いことじゃない。

コレができるから、長音と単音の区別がとても明確になり、
「過去」と「加工」の区別が明確になる。
同音異義語の多い日本語では、これはとっても重要かつ大切な技術となるので、
わかりやすい日本語のためには大切な要素となる。

ただ、ただ…

英語の場合には、残念ながらこの技術はあまりうまく機能しない。

なぜなら英語は全くもって大げさに伸び縮みする言語だからだ。

多くの関東人は、Japaneseのことは「ジャパニーズ」と発音してしまうだろう。
だが、それはあくまで標準語版の日本語での習慣で発声しているに過ぎない。

ならば、どう言えば良いか?

そう、あえてカタカナで書くが、

「ジャープニーズ」と言えばかなり良い感じの英語となる。

そう、「ジャー」をうんと伸ばすのだ。
しかもその伸ばすところをより強めに大きな音で言ってみるのだ。

ジャーニーズ」

おそらく、「ジャ」という音節ひとつ分の長さの2個分よりも多少長いくらいでちょうど良い。

「ジャー」をより長くより大きく言ってみるのだ。
(これができると、すこーし黒人っぽい英語の雰囲気(=リズム感)が出ることに気づくだろうか? コレは歌にもつながるゾ。)

ある意味イタリア語っぽく聞こえるくらいの感覚で言ってみるとかなり良い感じとなる。

たとえば、「Italian Restraunt」なんてコトバ、
コレ、「イターーリアン・ストラーント」
みたいに言ってみると、コレはすでにとっても英語のリズム感ありあり!
ということになる。

アクセントのある部分はなが~くつよーく。コレがコツだってば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です