英語の発音・英語の歌! 英語のリズムのつかみ方!
英語の発音・英語の歌!

実際の英語力は結構あるのに、話すとなるとなかなか英語に聞こえない人が結構いる。

発音の問題と言うと、たいていは、音の精度(LとかRとかの発音ができているか、とか)の問題と思ってしまう人が多いかもしれないが、
いやいや、実は一番大切なのはリズム(イントネーションとも言える)だ。と言い切ってしまっても、あながち間違いではないだろう。

たとえば、こんなリズムはどうだろうか?

「アイ・シンクゥ~、ディス・プロブレム・イズゥ~、ユー・ノゥ~、ヴェリー・ディフィカルトォ~、トゥ~……」

そう、全くの日本語のリズムで話しているケース。
難しい単語が結構出てきたりなど、基本英語力はかなりある感じでも、話すとなると、
「エー」「ウー」などの余計な音がいっぱい入って、しかも上記のようなリズムになってしまい、なかなか英語に聞こえない。
これじゃぁ、聞き手に相当高い“日本語訛りリテラシー”がないと、まずは通じてない!と思ってほぼ間違いないだろう。

コレ、まず大切なのは、英語のリズムや音にもっと親しんで、意識してそれを真似するようにすると絶対に改善するのは間違いないのだが、
もし、もっとカンタンにこのリズム感を矯正したいとしたら、良い方法がある。

たとえば、上記の文章で考えながら音を伸ばしている部分、
「アイ・シンクゥ~」みたいな部分。

まず、コレを絶対にやめよう。

で、考えるときには「Ummm」というコトバを挟むと良い。
カタカナで書くと「アム…」みたいな音だ。
そして、その前の音は絶対に切る。伸ばさない。
そう、英語は子音で終わるコトバが多いので、実際問題、伸ばしたくても伸ばせないのだ。

だから、上記の例で言うとこうなる:

「I think(切る)、Ummm、this problem is(切る)、Ummm、you know(短めに)、Ummm、very difficult(切る)、 to(短めに)、Ummm…」

そう、こうなると、ずっとずっと英語っぽくなるでしょ?
あ、これは動画にて近日再現予定。お楽しみに。

Ummmの他にあるとすれば、「アー」という音。
たとえば、
「andア~」とか「actuallyア~」となるとこれも結構英語っぽい。
考えている間は、「ア~」と伸ばす。これも使える。
(コイツも動画で再現予定)

要は「うー、あー」も英語にしてしまうということ。そうすればリズムも英語っぽくならざるを得ない!

Ummm…Good luck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です