英語の発音・英語の歌! Awardが「アワード」、えーっ???
英語の発音・英語の歌!

これね、割と最近、(ていうかここ3年くらい)ずっと気になってた。

あえて、この音「AWARD」をカタカナで表現しようとするとどうなるか?

①アワード? ②アウォード?

少なくとも絶対に①じゃない。

WARは「ワー」とは絶対に読まないの。それが英語の音のルール。

もし、「ワー」と読む英語の音があるとしたら…

それは「WOR」というスペルのとき。

たとえば、「WORM」。
これをもし、カタカナで表現するとしたら、「ワーム」になると思う。(ウジ虫とかの意味ね。)
実際の英語の音とはちょっと違うけど、これなら納得できる。

たとえば、「WARM」、これなら普通に英語として知ってる人が多いハズ。
カタカナで書くなら「ウォーム」、そう、温かいという意味。
「ワーム」ってカタカナで書くと、絶対にこの単語にはならない。

そう、ヘボン式ローマ字の概念とは逆になる。
それが、どういう訳か英語の発音のルールなの。

「WAR」と書くと「戦争」という意味の単語になる。
でも、コレは絶対に「ワー」とは読まない。
カタカナで書くと、「ウォー」になる。

「WORD」という単語、コレはたいていみんな知ってる英単語。
なんと読む?

「ウォード」と読んでしまう人はきっとあまりいないと思う。
「ワード」だよね、普通は。

そう、「WAR」は「ウォー」、「WOR」は「ワー」となる。
それが普通の英語の音。

だから、そう、その「AWARD」、
「アワード」じゃないよね?

「アワード」というとなんだか、とっても違和感あるのよ。
「アウォード」が正解。あえてカタカナで書くとしたら。

もし、それに違和感があるとしたら、普通に日本語を使ったら良いよ。
「アワード」じゃなくて、「賞」と言ったらいい。
これは完全にしっくり来る。

誰が言い始めたのだろう? 
不思議な不思議なカタカナ英語。
使わなくてもいいのに…

(上記は動画にて検証予定。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です