英語の発音・英語の歌! 英語をどこか他人のコトバと思っていませんか? 「She」と「See」の区別のお話
英語の発音・英語の歌!

そう、コレです、コレ。
およそ、ひと晩中考えて得た結論。

そう、昨日の記事で予告したように、今回の記事は「シー」と「See」の発音の違いについて書きたい!と思っているのだが、

コレ、実は結構な難関なようで、この発音の区別ができなくて困っている人が結構いるらしい。

たとえば、
「She sells seashells at the sea shore.」
なんて文章を言ってみてください。

なんてエクササイズをやったとしても、割とコレ、意地悪入ってて、できる人はできるけど、できない人は結構いる。

「Seed」と「She’d」とか、「Sealed」と「Shield」とかの発音の違いを正しく言えますか?

とか言っても、一般的には、実は結構難しかったりする。
「She」と「See」の区別、うまくできない人が多いのも事実。

確かに、日本語の「さしすせそ」は、アルファベットで書くと「Sa Shi Su Se So」となり、
なぜか2つ目の「し」(「Shi」)だけが、「SH」の音になっていて、実は「S」の音の行のはずなのにひとつだけ「SH」が混じってるという不思議な音の配列になっているのも事実。

つまり、「See」という音は日本語にはない音、という事実があり、それがコレを難しくしている!
という説も、まぁ、成り立つのだけれど、

いやいや、待てよ! と。

この「She」と「See」の音の違い、確かに英語で発音するときには結構区別しにくいかもしれないのだけど、
いやいや、本当はそんなことないよ!という話。

試しに、日本語の慣れ親しんだ音の中にこの音を混ぜて聞いてみようよ。

たとえば、「石頭」という日本語のコトバ。

これは普通にアルファベットで書くと「ISHIATAMA」となるのだけれど、
コレを試しに「ISIATAMA」と言ってみようか。

<コレは動画でやってみる予定ね>

英語の単語の場合だと曖昧な違いでしかなかったものが、
そう、すごーく、明確に違いがわかりませんか?

日本語の単語だと、全然違う音だということに瞬時に気づきませんか?

「ISHIATAMA」と「ISIATAMA」は全然違うでしょ?
「ISIATAMA」は日本語としておかしいでしょ?

つまりどういうことかと言うと、
自分の母国語、つまり「自分のコトバ」という範疇にあるコトバだと、アタマの精度が上がってるから、
この違いは明確にわかる! ということ。

もしも、あなたが、英語を、どこか心の底で「他人のコトバ」とか「外国のコトバ」だと認識していると、
もうそれだけでアタマの精度が下がってしまうから、
「C」と「She」が同じ引き出しに入ってしまったりする…ということになってしまうワケだ。

「ISHIATAMA」と「ISIATAMA」は全然違うよ。(聞けばわかる。証拠に動画を近々アップ予定。)

だから、ここで自分が言いたいのは、もしもあなたが英語の発音を上手になりたいなら、
英語を(あまり自分とは関係のない)外国人のコトバと思わない方が良い、という話。

マルチリンガルの人は、たとえ何カ国語であれ、自分の喋れるコトバは自分のコトバだと思ってるよ。

他人の言葉だと思うと、精度が下がる。細かい違いなどどうでも良くなる。

だから、もしも英語を上手になりたいなら、英語は(まるで日本語と同じように)自分の言葉、自分ごと、つまり自分の母国語と思うと良いよ。

コレは絶対に効果あること間違いなし。
その瞬間から理解の精度が上がるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です