英語の発音・英語の歌! On-and-on-and-on…をキレイに発音する! Don’t Stop Believin’の続編
英語の発音・英語の歌!

簡単なフレーズこそ結構ムズカシイ……リエゾンと母音(強弱)のお話

前回の記事と動画で取り上げたJourneyの「Don’t Stop Believin’」という曲ですが、今回の記事でも同じ曲に出てくるフレーズを題材に英語特有の発音法を解説します。

今回取り上げているのはこのフレーズ。

「It goes on and on and on and on.」

「ずっとずっと続くよ~」というような意味のフレーズですが、このフレーズをキレイかつ英語らしく、しかも歌でちゃんと歌えたら、実はかなりの発音上手に聞こえます。

どうですか?上手くできますか?

おっと、コレ、スペル通りに読んじゃうと、「and」の「D」の音が入っちゃうので、全然違う音になってしまいます!(ここ注意)

実は「and」は「an’」みたいに、「D」の音を省略するのがまず第一のポイントです。となると、「an’」の「N」の音は発音しなければいけませんから、英語によくある「Nのリエゾン現象」が連続して起きるということになります。

つまり、「on」の「N」が次の「an’」につながり、さらに「an’」の「N’」が次の「on」につながる……。となるわけです。

そして次のポイントはやはり母音です。「on」の「O」の音は“「オ」を言おうとするのだけど、口をタテに大きく開ける”という音。「and」の「A」は本来は「ア」と「エ」の中間だけどここには意味的なアクセントはあまり付かないのでもうちょっと弱い“曖昧な”音になる。ということになります。

あぁ、発音を言葉で解説するのはややこしいですね~!

ぜひとも、動画をご覧ください! 動画と音声の方が一目瞭然です!

★【英語の発音・英語の歌】#32 歌!Don’t Stop Believing 続編/英語の発音を日本語で解説

ちなみに、前回の同じ曲をテーマにした動画は以下になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です