英語の発音・英語の歌! 単語の語尾の「n」は超重要! StingのEnglishman In New Yorkの発音解説
英語の発音・英語の歌!

単語の最後の「N」は絶対に、絶対に、絶対に「N」を発音してください!!!

コレ、おそらく、日本人の6割以上の人が忘れてます。そのくらい多くの人ができてないです。

その根本原因は「n」の音と日本語の「ん」の音を同じだと思ってしまってる事が原因です。

「n」と「ん」は根本的に音が違います。

以前の記事「既成概念に気付く その5:スペル通りに口を動かしてないから英語の音にならない!?」でも言ってますが、英語の「N」の音はかなり強固に「N」の発音なのです。その後に続く音によって変幻自在な「ん」の音とは根本的に発音法が違うのです。

そのあたりをしっかりと認識しながら、この「Englishman In New York」を歌うと、英語としての歌の仕上がりが全然違ってきます! ぜひそこを意識しながら歌ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です