英語の発音・英語の歌! 不思議な不思議な英語の「T」の音!
英語の発音・英語の歌!

「T」の音は1回目と2回目で音が変わるって知ってた?

英語の音の中でも特に“不思議”なのは、「T」の音かもしれません。
「T」のサウンドは、一見「タ行」の音と同じようでいて、実のところ、場合により全然違う音になったりします。
そのあたりを解説してみましょう。
英語の「T」の音は、まず大きく分けて2種類の音があります。
「えっ?」っと思われた方、そうです。その驚きはすごく普通の感覚です。日本語の音はたいてい平仮名で書いた通りの音を出します。
でも、英語の音は時と場合により結構変化してしまいます! そのあたりが日本語の常識とはかなり異なっている部分です。

先頭に出てくる「T」の音と、2回目に出てくる「T」の音は違う!

そうです。まずはこんな変なルールがあるのです。
「T」の音が単語の先頭に出てくるときには、「T」の本来の音を発音します。(これを仮に「1回目タイプ」と呼びます。)
だけれど、同じ単語の中で2回目(あるいは先頭以外)に出てくるときには、省略形の「T」の音を発音します。(これを仮に「2回目タイプ」と呼んでみましょう。
わかりやすい例で言うと、こんな単語とか…

Toyota
Toto
Tutor

「1回目タイプ」の音は割と日本語の「タ行」に近い音です。
厳密にはちょっと違いますが、実際問題、「タ行」の音で発音してもなんら問題はないでしょう。

ところが、「2回目タイプ」の場合には、聞きようによっては、ほとんど日本語の「ラ行」のような音になってしまいます。
この現象は特にアメリカ英語で顕著です。
(この現象は動画で解説していますが、必ずしもそのように“発音しなければいけない”ワケではありませんので、ご自身が発音される場合には自分のスタイルで発音するのが良いと思います。)

口のポジションで言うと以下のようになります。
英語の「T」の音の舌のポジション

そう、「2回目」タイプの音は、実は省略形なのです。なんらかの理由で、単語の先頭以外の「T」の音は省略した発音法で発音することが多くなります。
例で言うと以下のような単語です。

better
butter
bitter
international
hippopotamus

ところが、例外もあって、たとえば…

guitar
enter

などは「1回目タイプ」の「T」の音になります。

また、動画で解説していますが、「1回目タイプ」の音は、多少の「ch」の音を混ぜると英語っぽくなります。
動画の音を参考にしてみてください。

この「T」の音の違い、発音記号では表記されていないのが、ちょっと悩ましいところです。

にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
にほんブログ村


英会話 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です