英語の発音・英語の歌! 「walk」と「work」の違いを動画で解説!
英語の発音・英語の歌!

「walk」と「work」の発音の違い。「ウォーク」と「ワーク」で本当にいいの?

もし、英語の発音があまりうまくできない…という人がいるとしたら、その最大の理由は、才能がない訳でも、センスがない訳でもありません。

最大の理由は本当の発音、発声方法を知らないから!

知らなかったらできるはずがないのが外国語の発音です。

今回のテーマも、まさに知らないとうまくできない種類のもの。「walk」と「work」の違いです。

人によっては、「walk」が「ウォーク」で「work」が「ワーク」と言えばいい、というようなお話を聞いたことがあるかもしれませんが、方向性としては決して間違いではないものの、ちょっとそれではあまりにも大雑把。

本当は動画にあるように、相当に音が違います。

「walk」の母音部分は「ɔː」という音。これはタテに口を大きく開けて、「オー」と言おうとしてみると、ほぼそのものズバリの音が出ます。

また、「work」の母音部分「ɚː」は、口を平べったく開けて、口の中も平べったくして「アー」と言うと、やはりほぼそのものの音が出せます。アメリカ英語の場合には舌をまるめて「R」の音を加えます。

結果として、結構違う音になります。カタカナではうまく書けないだけで、本当はかなり音が違うことに気づいてもらえると良いなぁと思います。

それでは、以下の動画をご覧ください!

にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
にほんブログ村


英会話 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です