英語の発音・英語の歌! 思った以上に違う「L」と「R」。LとRの違いを徹底解説
英語の発音・英語の歌!

日本人には苦手とされる「L」と「R」の聞き分け。ところが本当はこんなに音が違う!

ある意味、定番になっている英語発音の難所、「L」と「R」。日本語には似たような音としては「ラリルレロ」しかないから、確かに違いをハッキリと認識するのはちょっと難しいかもしれません。

だけど本当は意外に違うLとRの音。そもそも、音の作り方がまったく違うから、ちゃんとした出し方を知ってしまえば、実はそれほど難しくないのがこのLとRの発音…ということでもあります。

まずは、この解説動画をご覧あれ! 実は思った以上に音が違うことにびっくりしてしまうかも…

そうでーす! 日本語の言葉にLとRをいれこんでみると、こんなにも音が違います! 全然“似た音”じゃないですよね?

そもそも、「外国語」だと認識してしまった時点で、聞き取り能力は劇的に低下してしまいます。もしもあなたが、本当に英語をうまく喋りたいと思うなら、ぜひぜひ、英語を外国語だと思わないでください! 知ってる言葉として扱ってください。それだけで、音がハッキリ聞こえはじめます! LとRは全然別の音です!

以下がLの音の舌のポジションです。日本語のラ行の音よりも、もっともっと舌が前歯の裏にベタッとくっつきます。歯と舌の接触時間もらラ行よりも長いです。

ラ行の舌の位置

英語の「L」の音の舌の位置。日本語のラ行よりも舌が歯にベタッとくっついていることに注意!

続いて、以下がRの舌のポジションです。舌は口蓋(口の天井)には絶対に触りません。

Rの舌の位置

英語の「R」の音の舌の位置。まずは口を尖らしてから舌をまるめて、その舌を伸ばしていく音。

いかがでしたか? 日本語の言葉の中に混ぜると、かなりハッキリとした違いがあることに気づかれたのでは?

次回は「walk」と「work」の発音の違いを徹底解説の予定です!

にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
にほんブログ村


英会話 ブログランキングへ

2 Comments

  • MM より:

    前回の「n」の発音には、驚きました。さっそく意識して発音しています。ところで、口の図を見ると、「l」の音の舌のポジションは、「n」の舌のポジションと同じに、見えます。そのように理解していいのでしょうか?  「corner」の発音の場合、舌が忙しいですね。 「r→n→r」大変難しいです。

    「r」が単語の中にある場合の発音のコツも機会を作って教えてください。
    よろしくおねがい致します。!

  • たじまよしゆき より:

    コメントありがとうございます!
    そしてすごく良い質問、ありがとうございます。
    「L」の舌のポジションと「N」の舌のスタートポジションは基本的にはほぼ同じと認識してもらって大丈夫です。日本語のラ行やナ行よりもずっと前まで舌が出ます。

    ただLとNの違いとしては、「N」の場合、速く喋ったときに、舌の動きが若干小さくなることがある、ということでしょうか。もちろん、どんなに速く喋っても「N」のときには舌は必ず歯の裏に触りますが、速い動きの中でもう少し手前で舌が止まってしまうことがあります。

    また、「corner」のような忙しい単語、結構ありますよね。そのあたりも、近いうちに動画で解説してみようと思っています。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です