英語の発音・英語の歌! 発音メモ:「A」の音の発音解説
英語の発音・英語の歌!

アルファベット別発音解説〜「A」の場合

英語の音をアルファベット別に発音解説していくコーナー、第一弾です。まずはアルファベットの一番目、「A」から見ていきましょう。

「A」の音の出し方徹底解説!

まずはAといえばこの音:act、at、cat、hatなど

簡単に言うと「ア」と「エ」の中間の音です。コツとしては口を“おむすび型”に大きく開き、「ア」の一種なのだけれど「エ」のような響きの音を出します。(文章でこの音を表現するのは大変です!!)

この音は地方(国)によって結構違い、一般的な傾向としては、イギリス英語ではほとんど「ア」に近い音。アメリカ英語ではもっと「エ」の要素の強い音になります。

発音のコツとしては、日本語の「ア」とか「エ」よりも口を大きく開ける感じです。

そしてこのアルファベットAの読み方:A、ate、date、say、acheなど

これは、もしカタカナで書くと「エイ」となってしまいますが、実際には結構違います。違いは2点あります。ひとつは口をタテに大きく開けるということ。そしてもうひとつは2音節でなく1音節として発音するということ。

この「口をタテに大きく開ける」という感覚、日本語的な発声法・発音法からすると割と難しいかもしれません。なぜなら日本語では普通「エ」とか「イ」というような母音を発音するときには、決して口をタテに大きく開けたりしないから。

だからこの「A」を発音するときには(最初は)相当に意識して口をタテに大きく、大きく開けるゾ!と思っていないと、かなり違う音の「A」になってしまいます。多くの日本人がこの「A」を日本語の「エイ」とそう違わないと思っているようですが、それは間違いです。

この音がしっかり出せるようになると、音はかなり英語の音っぽくなります。

にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
にほんブログ村


英会話 ブログランキングへ

Comments are closed.