英語の発音・英語の歌! 英語の発音上手になるための解除すべき最初の鍵
英語の発音・英語の歌!

英語の発音上手になるためのキーを手に入れる。

英語の日本語の発音を比べるときには、次のこの事実を避けて通るわけにはいきません。

英語と日本語では、おかしいくらいに音の出し方が違う!

だから、日本語と同じ音の出し方をしている限り、どうやっても「英語のような音」にはなかなかなりません。ならばと、部分的に巻き舌にしたり、部分的に曖昧な音を混ぜて英語の発音っぽく話してみると、多くの場合、事態はより悪化してしまいます。さらにワケわからない音になってしまいます。

いやはや困ったものです。この英語の発音というヤツ。(せめてスペイン後みたいな音だったら良かったのにぃ…)

それほど違うが故に、いや、あるいは他の何らかの理由で、日本人にとっての「英語の発音」というエリアは、多くのケースでお茶を濁されて(!?)きました。

たとえば、「カタカナ英語でも通じれば良いのだ!」とか…。

「発音はそれほど重要ではないのだ!」とか。

私からすれば、それは結論を急ぎすぎだと思います。ちょっと「最初からできない…」と決めてかかっているような……。

あるいは、以下のような「絶望系」の意見などもかなり幅をきかせてました。

「年齢が行ってからは外国語の発音なんてうまくなるはずがない!」とか、

「日本人にはどうやってもネイティブみたいな発音は無理っ!」……みたいな。

最初っから絶望してしまっていては、どうやったって物事うまくなるはずはありませんから、これはある意味「英語の発音を絶対にうまくさせないための呪文!」と言うことができるかもしれません。

ちょっと前置きが長くなりました。つまり私はこのことを最初に言いたいのです。

前提として、それだけ日本語とは違う英語の発音であったとしても、「美しい英語の発音を身につけることは可能である!」と。

私はかなり多くの数の日本人の英語を聞いてきましたが、その中の多くの方の英語の発音が「美しい発音の英語」でなくなってしまっている一番の理由は単純にこういうことではないか?と強く強く感じました。

「英語の発音方法を知らないから!」

そりゃそうです。出し方を知らない音をうまく出せるはずはありません。当然のことです。悲しむことでもなんでもありません。

そして、驚くのはまだ早いです。その「発音方法を知らない」という状況を生み出している最大の理由があります。美しい英語の発音習得を妨げる最大の障壁です。

何だと思いますか?

なんと驚くことに、私はコレだと思います。

「耳をふさいでいるから!」

そう、聞いていないんです。相手(たとえば英語ネイティブの先生とか)の先生の出している音を聞いていません。いやいや、誤解しないでください。相手の話す言葉の意味は一生懸命聞こうとしています。何を言いたいのか一生懸命理解しようとしていることはまず間違いありません。

で、ですが……音、つまり「サウンド」として聞いていないのです。

音を一生懸命聞いて、そのままの音を真似して出そう…という、あらゆる外国語習得のための初期段階の必須の努力を、何故だか多くの方は最初っから放棄してしまっています。(きっとさきほどの「英語の発音を絶対にうまくさせないための呪文!」が効いているに違いありません!)

こういう状況で活躍するのは「既成概念」というやつです。「既成概念」とはつまり、「一度インプットされてしまった、アップトゥーデートでないかもしれない情報」のこと。おそらくは、中学時代などにインプットされてしまった“不思議な不思議な”発音習慣のままに、発音・発声してしまうのです。

さらに悪いことに、上記の「英語の発音を絶対にうまくさせないための呪文!」が効いているのは生徒の側だけではありません。な、なんと先生の側もこの「言葉のウィルス」に犯されてしまっています!(あぁなんということ!)

だから、先生も細かい発音の指導は当然のこと、スルーです。(Throughという単語ですね。発音できますか?)ちょっとやそっと指導しただけじゃきっとあまり変わらないだろうなぁ…と思っているのかどうなのか、その部分にあまり時間をかけることはしません。

かくして、かれこれ何十年もの間、多くの日本人の英語の発音は放置されてきてしまいました。(終)

と、話が終わってしまってはこのウェブサイトははじまりません! なので、このサイトを始めるにあたって、おそらく英語の発音習得のための最重要になると思われる「鍵」の正体をお知らせしておきます。

まずは「難しい」とか、「できる・できない」とかの概念はすべて捨て去って素直にこの鍵を受け取ってください。

英語の発音上手になるための、「最初の鍵」とは……

上手な人の英語の音(文章でも単語でもフレーズでも)をそのまんま素直に聞いてください。そしてそれを英語だと思わないでください。そしてそのまま素直に真似して同じように発声しようとしてください。
変な音に感じても良いです。うまくできなくても良いです。でもできる限りそのまんま、忠実に同じ音を出そうと努力をしながら、聞いて、真似して、できる限り同じように発音してみてください。

それができれば、すべての外国語の発音習得が今までよりも簡単になります。

付け加えれば、これをしようとする意識そのものには、実は、年齢も性別も人種も才能も全く関係ありません。誰にでもできます。

そして、音を素直に聞いて、その音を素直に真似する…という新しい習慣が付くと、あなたの外国語の発音は相当別の展開を見せはじめます。私が保証します。

にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
にほんブログ村


英会話 ブログランキングへ

Comments are closed.